金属パーツは様々な方法で製作されます。いろいろな加工方法を知りましょう。

加工方法はとても大事

金属パーツの出来は職人の腕によっても変わりますが、加工方法でも大きく変わってきます。自社製品に最適なものを選びましょう。

金属加工の種類

レーザー加工

レーザー加工とは、その名の通りレーザーを用いて金属を切断したり穴を開けたりする金属加工です。とても速い速度での加工ができることに加え、油や金型も必要ないです。少量の生産から大量生産まで幅広いロット数に対応することができます。

溶接

溶接とは、金属と金属を部分的に融かして一体化させる技術です。溶接自体も非常に幅広い分野で必要な技術であり、材料などによってもいろいろな方法があります。

機械加工

切削するための工具や工作機械を使って金属を加工するという方法です。具体的にはフライス盤やボール盤などの機械を使用することが多いです。

ウォータージェット

水を小さなノズルから高圧力で噴射することにより、金属を切断するという方法です。金属が熱の影響を受けないので、熱に弱い金属の加工や切断に向いているといえます。水で金属が切断できるなんて驚きの技術ですね。

ロール

ロールとはその名の通り、金属を丸める加工のことです。もう少し具体的にいうと、板状の金属を専門機械を使って丸めるという作業になります。専門の機械には高い強度をもつ円柱が組み込まれており、それに金属板を巻きつけることで丸めていきます。

金属加工の種類を知ろう

女性

金属加工にはいろいろな種類がある

金属加工と一口にいっても、実に様々な種類があります。業者や工場や技術者によってもそれぞれ得意な加工方法が異なります。金属加工を依頼するのであれば、代表的な加工方法にどんなものがあるのか知っておくと良いでしょう。業者との話し合いもスムーズに進むかもしれません。

素材によって様々

金属によっても、どの加工が向いているかが変わります。例えば熱に弱い金属であればウォータージェット加工などが向いているといえますし、硬度のそれほど高くない部品の大量生産であればプレス加工が向いています。金属素材やそれぞれの特性についても知っておくと良いでしょう。

部品の数や精度によっても変わる

部品の数や精度によっても加工方法が変わってきます。ある程度の精度で大量生産される金属パーツであればプレス加工が利用されることが多いです。数をそれほど必要としないコンピューターや音響などの専門機器であれば、精密板金加工という技術が必要になります。どのように製作すれば最もコストが抑えられるのか業者としっかり相談して決めましょう。

金属加工の種類や金型について

金属

金型について

最も代表的な金属加工であるプレス加工で使う金型についての知識を深めましょう。金型は製品の要になる大事な部分です。

READ MORE
女性

金属加工の種類を知ろう

金属加工にはたくさんの種類があります。どのような金属加工技術があるのか見ていきましょう。

READ MORE
広告募集中